Ich verliebte mich in Sie.

2017年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年06月
TOPスポンサー広告 ≫ 恋文◆レニーからアヤノへTOP小説番外編 ≫ 恋文◆レニーからアヤノへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

恋文◆レニーからアヤノへ

5月23日が恋文の日ということで。
他にも書くかわからないけれど第一弾。



アヤノちゃんへ

 アヤノちゃん。いつもオレのそばに居てくれてありがとう。
 キミに会うまでは特別な人も作らず、ただフラフラしてたオレにとって、
 キミはかけがえのない存在だ。
 キミはオレの目を覚まさせてくれた。ありがとう。
 傷つけてしまったこともあったね。ごめん。
 面と向かって言える気がしなくて手紙にした。
 手紙なんてオレらしくないね。
 でも何となく、書いておかなければならない気がしたんだ。
 ねぇ、アヤノちゃん。
 何があってもオレはキミのそばに居るよ。
 愛してる。これからもずっと。

                       レニー




お父様の葬儀の後、お母様は一枚の紙を抱きしめて泣いていた。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。