Ich verliebte mich in Sie.

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOP ≫ CATEGORY ≫ リベラル小説
CATEGORY ≫ リベラル小説
      

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

第一話 約束

眠るようにして逝った婆さんは、幸せそうに微笑んでいた。



約束

スポンサーサイト

第二話 噂と決意

 僕が入学した翌年、王族同士の結婚式があって、
 僕たち家族がクラウンハイムから出て行くことになった。
 ママもパパもおばあちゃんと同じロークエルグに所属したけど、
 ロイヤルにぃにだけシーラエルグに所属になったみたい。
 おばあちゃんは、「これでいつでも会えるわね」って喜んでた。



噂と決意


最終話 至宝


学生時代なんてあっという間だった。
最後の一年はネビル君…いや、ネビル殿下もいなかったし。
だから、ずっと密かに訓練を続けていた。



至宝

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。